虫歯になってもすぐに抜歯されない?歯科での虫歯治療とは

虫歯を抜くのは歯の土台しか残っていないようなケース

漫画などのフィクション作品に歯科が出てくる場合、歯科医がペンチのような道具を使って虫歯を抜いてしまうというシーンがよく出てきますが、実際に虫歯になったら本当に抜かれてしまうのでしょうか。実は、虫歯を抜くというケースはそれほど多いわけではありません。基本的には治療をして残します。抜歯するのは虫歯によって歯が溶けてしまい、途中で折れて根っこしか残っていないような場合のみです。では、抜歯しない治療はどのようなものになるのでしょうか。

痛みのない虫歯は悪い部分を削るだけ

まず、表面的には黒くなっているものの、痛みはまったくないという場合は比較的軽度の虫歯であり、悪くなっている部分を削り取るという治療になります。麻酔をかけるかかけないかは歯科医の判断次第ですが、削る範囲が狭い場合はしないこともあります。削り取った部分をそのままにしておくと、またそこから虫歯なってしまうので、レジンという治療用のプラスティックを詰めて埋めます。レジンの色は歯と同じなので、ほとんど目立ちません。

痛みがある場合は神経を抜く

歯が黒くなっている上に痛みもあるという場合、歯の根っこにある神経に達しているので、痛みを取るために神経を抜いてしまいます。歯に細い針のようなものを刺して神経を掻き出してしまうのです。神経を取った部分は空洞になりますので、そこに化膿を防ぐための薬を詰めます。そして、最後に穴を開けた部分に蓋をして治療終了ということになります。この治療は虫歯の部分を削ってレジンを詰めるだけのものと違ってかなり大かがりになるので、虫歯がそこまで進行する前に治療に行くといいでしょう。

荻窪での歯科では、無痛治療の他にもレーザー治療を行ってくれる歯医者になっているので安心して治療を受けることができます。