目立たない矯正治療は、どうやってするの?

目立たない矯正治療は、大人に最適

歯並びが悪いのが気になって矯正をしようとおもった際、小さな子どもであれば躊躇なく矯正を始めることが多いのですが、大人になってしまっていては、急に会社や学校に矯正器具をつけていくのは恥ずかしいという思いが先行し、なかなか治療に踏み切れないのが現状です。その恥ずかしいという思いを打破してくれるのが、目立たない矯正です。人知れず治療をすることが可能ですので、正に大人の矯正初心者さんにピッタリの治療方法と言えるのです。

マウスピースによる治療

目立たない矯正の方法として、まずはマウスピースによるものがあります。透明度が高いプラスチックでできていますし、自由につけ外しが出来ますので、会社や学校に行っている時には外して、家に帰ると同時に装着するということを続ければ良いのです。装着時間は歯の状態によって異なりますので、担当医に相談すると良いでしょう。つけ外しが出来ることのメリットとして、矯正器具を常に清潔に保つことが出来るということも加味されますね。

歯の裏側に器具をつけるという方法

もう一つの目立たない矯正治療方法として、歯の裏側に矯正器具をつけるというものがあります。少々違和感はありますが、24時間常に歯の矯正を行ってくれますので、治療期間が短くて済むというメリットがあります。歯を動かす力も強いので、下の歯のような根の深い部位の治療でも可能です。しかも、上下のかみ合わせが調整しやすいというメリットもありますので、全体を見ながら綺麗に治療していきたいという方にピッタリの方法です。

歯の被せものと聞くといわゆる金歯、銀歯と言われる金属製のものを思い浮かべると思いますが、金属アレルギーの方や、自然に近い歯を希望される方には、オールセラミックがお勧めです、経年変化の心配もありません。